まんまるうさぎ

神のクイズ 〜シーズン1〜

2010年  【全10話】

神経外科医のジヌは死体の解剖をする仕事が嫌で、希少疾患センターの
配属を希望したが、行ってみると韓国大学病院法医官事務所の嘱託医と
して働かされる事に。。。ここは死因を究明する機関。
10歳でKAIST合格した天才少年だったジヌは、今はあらゆる知識
を持っている天才医師に成長。
解剖に立ち会ったジヌは、所長の意見を覆し、的確に原因を突き止める。
刑事(カン刑事)と一緒に現場に行く事になるが「刑事でもないのに現
場に行くなんて・・・」と不服をぶつけ、カン刑事とも合わない。
しかし「生まれて初めての手強い難問にぶつかり、その答えを知りたく
なった」と、やりがいを見付け、法医官事務所で働こうと決意。

防犯カメラに写っている犯人は年配の男性で、なかなか容疑者が見つか
らなかったが、実は、年齢より老ける病気を患っている犯人でした。
(あまりに携帯操作が早いので、年配ではなく若者だと気付いた)
逆に、途中で成長が止まり、思考能力は大人だが、外見は子供の女性が
共犯。自分達の顔を年齢に近づけるために、整形手術をするお金を稼ぐ
ための犯罪でした。

事件を解明していき、カン刑事との信頼関係も徐々に出て来たが、ジヌ
は病に冒されていた。
1年前に発症し、50以上の検査をしたが異常が無く、原因が分からな
い。時々発作が起きるが、職場には内緒にしている。

ある日、警察署に男(ハユン)がきて「これから人を殺す」と宣言。
最初は信じなかった警察だが、実際に事件が起こってしまう。そして、
ジヌを指名して、自分が仕掛けた殺人計画の謎解きをさせる。
謎解きをして、現場に到着するが殺された後だった。
ハユンはカン刑事を人質にとり、爆破装置を仕掛ける。
ジヌ宛に、ハユンから腕時計が送られて来る。これを付けて、心臓が止
まったのを確認したら、カン刑事の装置が外れる仕組み。
ジヌは、自分に注射を打って心臓を止め、カン刑事は自由の身になる。
一緒に来ていた法医官事務所の医師が、倒れたジヌに電気ショックを与
え、一命を取りとめる。
注射したのは麻酔薬で、一か八か心臓を止めていた。

ハユンの狙いはジヌの命。。
知的障害があるハユンと天才的な頭脳のジヌは小学生の時に知り合いで、
ハユン父は脳神経活性剤を2人に投与し実験していた。
ジヌの原因不明の病気は、これが関係している。
ハユンは、何も知らずに幸せに生きているジヌを妬んでいた。
ジヌを殺そうとしていたハユンだが、入って来た刑事に撃たれて死亡。

最後は、ジヌとカン刑事は良い雰囲気でハッピーエンド。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

まったくストレスを受けずに観えるドラマ。
いろんな事件をジヌが解決していきます。
のらりくらり風な主人公ですが、何でもズバッと当ててしまう天才青年。
そして、名探偵コナンの名台詞を言ったり、笑わせてもくれます。
シーズン2(録画途中)とシーズン3を録画してるから、ストレスが溜
まる重〜いドラマを観た後、気分転換に観ようと思います(笑)


おすすめ度:★★★☆☆
トキメキ度:★☆☆☆☆

スポンサーサイト
  1. 2014/10/01(水) 21:10:27|
  2. ├ 韓流ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日の晩ご飯 | ホーム | 昨日の晩ご飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topaz1118.blog.fc2.com/tb.php/734-acbf8dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)