まんまるうさぎ

九尾狐(クミホ)伝

2010年  【全16話】

10年前、母が真夏に氷の浮いた汁が飲みたいと、つららを求めてキツ
ネの穴に入った男が妖怪九尾狐に出会う。
男は殺されそうになるが、一生誰にも話さない約束で生き延びた。
山を下りる途中、綺麗な女性と出会い結婚し、娘(ヨニ)と3人で暮ら
していた。男は知らないが、綺麗な女性は九尾狐で、ヨニは半人半妖。
10歳で完全なキツネになるという。
九尾狐は、善良な人間と10年共に暮らせば人間になれるので、その日
を楽しみに過ごしていたが、夫は10年前の出来事を話してしまう。
「明日で10年。あと、1日待てばよかったのに・・・。私だけでなく、
ヨニも人間になる機会を失った」と、ヨニ母は夫を殺そうとするが、情
があって殺せなかった。
家を出たヨニ母の後を追ってきたヨニに「3ヶ月したら迎えにくるから」
と約束し、家に連れて戻ると夫は首を吊って死んでいた。

夜中に狩りをしていた男(ドゥス)が、傷を負ったヨニ母を助けて家に
連れて帰る。
ドゥスには、目が開かない奇病を患っている娘(チョオク)がいる。
占い師に相談すると「奇病を治す方法は、娘の出生日と時間が一緒の女
の子を捜して、10歳になる日に、その子の肝臓を食べれば助かる」と
告げられ、それに該当する子供を捜していた。

ヨニが来て、奇跡的に目が開いたチョオク。
そして、ヨニの出生日と時間が、チョオクと一緒だと判明。
ドゥスは、愛娘のためにヨニを傍に置き、肝臓を取り出そうと考えてい
た。10歳になるまで、あと3ヶ月。
しかし、明るい性格のヨニを次第に可愛がるようになる。
それを見たチョオクは、父を取られる嫉妬心からヨニを殺そうとする。
ヨニ母の事が好きな使用人の男(チョヌ)が影で支え、難を逃れますが、
ある日、チョオクは大人が持っていた怪しい薬をヨニに飲ませる。
それを飲んだヨニは生死を彷徨う。その薬は、九尾狐にとっては死に至
るキツネの血でした。
一向に良くならないヨニに、母はキツネ玉を与えるが、与えた母親は当
分の間特殊な能力が使えなくなったのでした。

夜、1人で蛍と戯れていたヨニ。それを見た男の子(ジョンギュ)は、
ヨニに魅了され、度々会うようになる。
チョオクもジョンギュの事が好きで、2人が会っているのを知ると、ヨ
ニに対する嫌がらせが酷くなる。

ある日、謎の男に粉をかけられたヨニは、顔や手に毛が生えた。
自分の姿を見てショックを受けたヨニは、家から飛び出してしまう。
謎の男は「妖怪狩り」をしていて、ヨニ親子を捕まえようとする。
ヨニ母は、ヨニを元の姿に戻すため、牛の内蔵を食べるように言うが拒
否される。ヨニを捜しにきたドゥスにヨニの姿が見られそうになり、咄
嗟にドゥスの注目を得るため、母は崖から落ちた。
ドゥスが助けに行き、母は一命を取りとめ、ヨニは母の言いつけを守り、
内蔵を食べて元の姿に戻る。
ヨニ親子に情が移ったドゥスは、ヨニ母を妻にして、ヨニを養女にした。

それが気に入らないチョオク母は、ヨニを殺すよう依頼した。が、夫の
計画(チョオクを助けるためヨニの肝臓をもらう)を知り、ヨニを連れ
戻そうとするが、ヨニは水に沈められていた。
ヨニは、なんとか水から出て逃げていた所を、捜しに来たドゥスに助け
てもらう。ヨニはドゥスの優しさに、ますます心を許す。
家に戻ったヨニに、急に優しくなるチョオク母。
「チョオクのために、死に装束を作って欲しい」とチャオク母がヨニに
無理矢理頼んでくる。チョオクのためでなく、命がけで助けてくれた旦
那様のためだと言って、縫う事を承諾するヨニ。
チョオク母は、占い師から、犠牲になる子に、死に装束を作らすよう指
示を受けていたのでした。

ヨニを守れなかったと悔いているジョンギュに、ヨニは「自分は人間で
ない・・・」と別れを告げる。そんな時、ジョンギュが池に落ちてしま
い、助けたヨニはキツネの姿になってしまう。その姿を見て、ジョンギ
ュは怯えて逃げてしまった。
ヨニがキツネだと知ったジョンギュを、ヨニ母は殺しに行く。その後を
追いかけたヨニが「お母さんの言う通りにするから、ジョンギュ様の命
は助けて」と、母に言っているのをジョンギュは陰から聞いていた。

ヨニの肝臓をもらう日が近づいてくるが、ドゥスは情が移ってしまい、
どちらも助けたい。もう一度、ヨニ以外で、娘と同じ出生日と時刻に生
まれた子を探すがピッタリな子がいない。
街で名医に出会い「世子も(チョオクと同じ)病気だったが、万年参王
があれば助かる」と教えてもらい、テウン寺に行くが、和尚に「実在す
ると聞いたことがない」と言われ途方に暮れる。

10歳になった日。
ドゥスは、ヨニを占い師の所に連れて行く。占い師がヨニの肝臓を取り
出してくれるのかと思いきや、自分でする事に戸惑うドゥス。
目覚めたヨニは、装束を着さされていて、すべてを理解した。
(今まで、殺されるために優しくされていたんだと・・・)
なんとか、その場を逃げ出したヨニ。ヨニの事が忘れられないジョンギ
ュが探しにくるが、キツネの姿になっているヨニは隠れてしまう。

ドゥスはヨニを見付けるが、迷って殺せなかった。そんな夫の元に、妻
からの依頼で、チョオクとの思い出の品を届けられる。愛娘を思う心が
強まり、殺してしまった。
その後、ヨニ母はヨニの死体を見付け、キツネ玉を出すけど、受け入れ
なかった。(死んでしまう)
元気になったチョオクは、トラの肝臓で治ったと思っている。
ヨニ母は、崖から飛び降りてしまった。

1ヶ月後。
山で獣に襲われたドゥスが目を覚ますと、そこにヨニ母がいた。
ヨニ母に復讐されると思い刀を向けるが、記憶を無くしているらしい。
前からヨニ母の事が好きだったドゥスは「娘は獣に襲われて死んだ。私
の妻だった」と言って家に連れて帰る。

ヨニ母が帰ってきた事を良く思わないチョオク母は、ドゥスに怒るが、
「チョオクにも、そなたにも尽くしてきた。今後は私の思い通りにする」
と言ってきかない。
チョオク母は、ヨニ母を陥れようとするがチョヌがフォローしてくれ、
難を逃れる。ヨニ母は、チョオクを殺そうとするが、ヨニが昔言ってた
「針と糸は一緒だ(母と娘は一緒)」とヨニしか知らない言葉を言い、
ヨニがチョオクの体の中に生きている事を知る。
チョオクがヨニ母を「母」と呼ぶので、チョオク母は、ヨニ母を遠ざけ
るように夫に頼むが、聞いてくれない。
ドゥスは「本当の事を言うと、母さんが危ういめにあう」とチョオクに
助言。チョオク母に「さっき(ヨニ母を母と呼んだ)のは、演技」だと
説明している所を、ヨニ母が聞いて怒る。
(チョオク母を欺くため嘘をついたが、ヨニ母に誤解された)
ヨニ母は、チョオクを呼び出し、小屋に閉じ込め火をつけて去る。去っ
ていると、ヨニに昔渡した鈴の音が聞こえ、引き返して助ける。

ヨニ母は、妖怪狩りの男と占い師を殺したが、占い師は生き返っていた。
ジョンギュの結納の日に会いに行ったチョオク(ヨニ)は、抱きついて
しまう。それを、ジョンギュと婚約者の親に見られて破談。
チョオクの行動が理解できないジョンギュは、ヨニではないかと気付く。
チョオク(ヨニ)は否定するが、思い出の蛍の絵を描いていたのを見て
確信する。

祈祷師が「チョオクの心臓にヨニの魂がいる。満月の日に心臓を刺した
らヨニの魂が逃げる」とチョオク母に告げます。
チョオク母は、心臓を刺そうとチョオクを連れて行ってる所に、ヨニ母
が止めに入り、ヨニ母を刺そうとしたが、チョオクが庇って刺される。
ヨニ母は、瀕死の状態のチョオクに、キツネ玉を与えて生き返らせるが、
心も体もチョオクだった。
チョオク母は、夫に「ヨニ母を殺せ」と言う。
前々から、ヨニ母を陥れるために狂気な振る舞いをしていた妻に嫌気が
さした夫は妻を刺した。そして夫がいない隙に九尾狐の姿をしたヨニ母
が止めを刺す。その現場をチョオクが見ていた。
ヨニ母は、正体がバレて自分を殺そうとするドゥスも殺す。

ドゥスの肝臓を食べている占い師を見たヨニ母。占い師は難病にかかり
延命のために肝臓を食べ始めたのが癖になっていた。
「おまえを殺すには、肝臓を取り出し、万年湖に投げればいい」とヨニ
母が言うと「600年待っていた」と喜ぶ占い師。
しかし、ヨニ母は「醜い姿で永遠に苦しみなさい」と言って去って行く。
(死のうに死ねない占い師・・・これが、一番の苦しみ)

ヨニ母が家に戻ると、チョオクが「母さん」と来る。ヨニのフリをして
命乞いをしていると思ったヨニ母は「殺さない」と言うが、針と糸の話
しをして、母を信用させる。

1年後。
病に臥せっているヨニ母。
実は、チョオクにキツネの血を飲まされていたのでした。そして、ヨニ
母は刺されます。ヨニ母を信用させるため1年待ち、やっと両親を殺さ
れた恨みを晴らせたと喜ぶチョオク。
しかしヨニ母は、チョオクの中にヨニがいない事も、キツネの血を飲ま
されていた事も知っていました。
「いつの間にか、自分の子供のように幸せを願っていた」というヨニ母
に、最後はチョオクも「ダメ、死なないで」と後悔しますが、死んでし
まいます。
あの世でヨニに再会し、喜ぶ母娘。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

暗いイメージのドラマで、最後まで視聴するのは無理かな〜?と思って
いましたが、母娘愛がよく描かれていたと思います。

アホな私は、最終話の最後の3分?5分?くらいを、編集で消していた。
情けなくて涙が
チョオクがヨニ母を刺した後、後悔する所までは観たのですが、ヨニと
再会した所は観てない。
なので、他の方のレビューで知りました(笑)
最後のヨニの笑顔が可愛かったようで・・・観たかったな〜


おすすめ度:★★★☆☆
トキメキ度:★☆☆☆☆

スポンサーサイト
  1. 2014/09/07(日) 04:22:26|
  2. ├ 韓流ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日のご飯 | ホーム | 昨日のご飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topaz1118.blog.fc2.com/tb.php/705-e5c153df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)