まんまるうさぎ

我が家の女たち

2011年  【全125話】

祖母と曾祖母に育てられたウンニムは、なかなか就職先が見つからず焦
っている。
ある日、犬の散歩のバイトをしていた時、犬を逃がしてしまい、飼い主
(セイン)に怒られる。
セインは、韓国一の有機農産物流会社の「草色の愛」という会社の御曹
司。経営を学ぶために帰国したが、会長(セイン祖父)から「試用社員
から始めろ」と言われ、嫌になり米国へ戻ろうとする。

幼なじみのジュニョンに頼まれ、ジュニョン父の保証人になるために書
類を貸したら、偽装結婚に使われていた。偽装結婚相手(バルト)に会
いに行くと、葬儀が行われていた。
バトルの務めていた農場で、遺族特例(社員が死んだら、その家族が社
員として働ける)が適用され、入社する権利を得る。
この職を手放したくないウンニムは、寡婦として生きる道を選ぶ。

農場で研修が始まり、パートナーはセインになった。
ウンニムは、やる気のないセインをフォローしながら一生懸命頑張り、
自分のアイディアが採用され成功する。
2人の上司(ジュミ)は、挫折を知らないプライドが高い女性。
セインの事が好きで、積極的にアピールしています。

会長の娘婿(ソンジュ)が社長を務めており、会長の実の息子(セイン
父)は面白くない。
ソンジュは会長の娘と結婚していたが、妻が他界。その後も、会長から
娘婿兼社長として信頼されていた。会社を乗っ取る気は全く無いが、セ
イン父から敵視されている。
セイン父は、ソンジュがジュニョン母と再婚しようとしているのを知り、
会社から追い出そうとする。それを阻止する会長。

ウンニムは、バルトの遺族でない事をソンジュに打ち明けます。
ソンジュは「みんなの判断に任せる」と言います。ジュミが会長の所に
来て、ウンニムを辞めさせないように頼む。
(セインの祖父である会長に、自分の印象を良くするため)

ジェミに言い寄られるセインは、別に好きな人もいないので、付き合っ
てみる事に。そして、流されるま婚約。
しかし、次第にウンニムの事が気になっていて、恋だと気付く。
セインの心変わりに気付いたジュミは、ウンニムにキツく当たるように
なる。この行為が、ますますセインとの溝を深くし、別れを告げられて
しまう。ショックを受けたジェミ。
セイン父から「セインと結婚させるから、手助けしてほしい」と提案さ
れ、無謀な事業のパートナーになる事を承諾。

ジュミ父は、セイン父の口利きで加盟店を出し、担当がウンニム。
そんなウンニムに、ジュニョン母が仕事を辞めるように言う。
加盟店に、ウンニムの実母がいる事が分かったのだ。
ウンニム実母は、ウンニム父の死後、嫁ぎ先が破産すると、家のお金を
持って、1歳に満たない娘を捨てて家を出た。
家を出た後、ジュミ父と知り合う。ジュミを産んで亡くなった妻の代わ
りに後妻として入り、ジュミの本当の母として暮らしていたのでした。
ウンニム実母は「自分の産んだ子供(ウンニム)を消してしまいたい。
最も不幸な記憶。罪悪感を抱いてない」とジュニョン母に言う。
(実母は、ウンニムが実子だと知りません)

子供の頃から欲張りだったジュミが嫌いで、結婚を反対していたセイン
母も事実を知り、これを理由に婚約解消させようとする。
自分のせいで破談になりそうだと、ジュミ母はセイン母に懇願。
そして、セインが思いを寄せているウンニムに会い「親がいないから、
身分違いだ」と言い放つ。
とうとう、ジュミとジュミ父にも、過去がバレます。
ジュミ父に「私の人生に、あの子(ウンニム)はいない。顔も名前も知
らない子のために夫婦仲を壊したくないの。私にとって何の意味もない
子。今まで通り生きたい」と言う。
(ちょっと、言い方が酷すぎる実母・・・人間的にどうなの?)
ジュミ父は「捨てた子供を捜そう」というが、断固拒否する。
(結局、ジュミは前妻の子で、次女、長男はウンニム実母の子供)

一方ウンニムは、会社でジュミに陥れられ、ライバル会社に機密を流し
た罪を問われます。ジュミは、ウンニムを追い出そうと一生懸命。
そして、セイン父が社長となり、ソンジュが副社長となる。
セインを手に入れるために、ますますセイン父に加担するジュミ。

ウンニムは「産んでくれた母を捜したい」と言い出します。祖母達は、
母親がしてきた事を教えるが、ウンニムは「なんで母を悪く言うの?」
と言う。
そして、母の名前がジュミ母と同じだと分かると、ジュミに「本当の母
なの?」と確認しに行きます。
  普通は聞けない。空気が読めない女(ウンニム)って、大嫌い
ジュミは否定しますが、ジュミ妹にも聞きに行き、ジュミが実子ではな
い事を確認しました。
実母に「会いたくない」と言われても、会いに行くウンニム・・・
そして、実母に「家族には迷惑をかけないから、母だと言ってください」
と頼むが否定されます。
  ウンニム・・・空気が読んでやれよ。
なぜか、ジェミ姉弟は、ウンニムに好意的です。

ジュミ母もウンニムが実子だと知りました。
「両親がいないから、母心が分からない。娘(ジュミ)を苦しめたら黙
っていない」とか、ウンニムに酷い事を言ったと後悔します。
一方、ジュミは、ウンニムに母をとられないように2人が会うのを妨害。
そして、セインとの間を取り持ってくれないセイン父に株を要求。

ジェミが、ウンニムを陥れた事が発覚。セインは、法的処分にのっとり
懲戒処分にすると決めた。
そんな時、ジュミ弟が白血病を患っていると分かり臓器移植が必要とな
るが、血縁関係のあるジュミ両親や兄妹は適合しなかった。
ジェミ弟の病気を知ったウンニムは、自らすすんで提供しようと実母に
申し出るが「娘じゃないと言ったでしょ!」と断わられる。
それでも、ウンニムは自主的に適合検査をする。
  親切の押し売り?ここまで否定されても臓器を提供したいの?

以前心臓を手術しているウンニムは、臓器移植で命の危険があると医師
から説明される。
ジュミ父は、臓器提供者がウンニムだと気付き、今回のドナーは諦めよ
うと言うが、反対するウンニム祖母が「腹立たしい」いう実母。
そして、ウンニム祖母の所に行き、臓器提供をお願いするが断わられる
と「私が許されない事をしたからって、息子の命を犠牲に償えと言うの
か」と逆切れ。
ウンニムは、臓器提供するのに祖母の同意書が必要になるが、祖母達が
反対するので、自分の籍を勝手に抜いて手術を決行しようとする。

ウンニムに命の危険があると知った実母は、夫に「手術しない」と言い
だすが、結局、移植手術を受けて、息子の命は助かる。
手術後も、母に電話するウンニム。
  ここまでくると、ウンニムは本当に鬱陶しい。
ジュミは、母とウンニムの関係が許せず、辛く当たります。板挟みにな
った母は無言症(心を閉ざして喋らなくなる)になってしまった。

ジュミは、セイン父の片棒を担ぎ、会社合併の話を進めます。
そして、セイン父には内緒で、会長を追い出す契約にサインした。
セイン父の悪事が会長にバレて、セイン父は家を追い出されます。
それでも合併を進め、父(会長)に認めてもらおうとするセイン父。

自分が一番でないと気が済まないジュミは「母さんがウンニムをとるな
ら家を出る」と母を追い詰めて行く。
  ジュミは、母に異常な執着をみせる。ちょっと怖い。
ジェミ父は、ウンニム家族には積極的に行動するが、ジュミを説得する
事はできず、ジュミの行動はエスカレート。

セインはウンニムと交際をしているが、セイン母は、ウンニムとの交際
を断固反対。
そんな時、25年前、ウンニム実母を騙した男(ジョンス)が現れる。
ウンニム実母が借金取りに追われているのを見て、財産を守ってあげよ
うと、財産を預かり違う事業に投じて、彼女に「身を隠せ」と言った。
しかし、計画通りにならなくて財産を失い、自分も身を隠したのだった。
なので、ウンニム実母は、お金を持ち逃げしてなかった事が分かる。

セイン父は、ウンニムとの交際に反対しなくなった。それを知ったジュ
ミは、セインを退職に追いやる。
そして、会長を排除したのもジュミだとバレた。
ジュミは懲戒処分でなく、今までの部署で平社員に戻って働く事になる
が、ウンニムに従うのは嫌だというジュミ。

会長は、財産を処分しようとソンジュに頼む。それを聞いた息子夫婦は、
ソンジュに財産が取られると思い焦る。
とうとう、セイン母の不満が爆発した。今までのセイン母の苦労を知っ
た会長は、家を母名義にして、あとの財産は寄付する。
セイン母は、飲食店にウンニムを呼び出して「結婚は認めない」と言う
が、自分達の料理に知らない子供が来てつまみ食い。
それを叱ったセイン母に、子供の親が反論。それを聞いたウンニムは、
子供の親に正当性を主張する。
意外な一面を見たセイン母は、ウンニムを見直した。

その後、ジュミは突然姿を消した。ジュミ母は「ジュミが必要なの」と
ウンニムに言います。ジュミは、戻って来て一件落着。
セインとウンニムは結婚。

1年後。セイン父は、製パンの試験を受けに行っている。
  会社の跡継ぎは、諦めたみたい。
セインは社長になり、ウンニムは平社員として働いている。
ジュミは、父の店舗でマネージャーをする。
ソンジュは、会長と一緒に農業をしていて、嫁は妊娠中。
セインの誕生日に、ウンニム祖母の家で誕生会を開催し、実母夫婦も出
席してお祝いしている所にジュミが来た。無事、和解。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

設定が、クムスンに似ているかな。
1人の男性をめぐり争う女が、再婚した連れ子と実子みたいな・・・。
ウンニムは、周りの空気が読めない・・・こういうタイプは苦手です。
自分の欲求のために、他人(実母)の家庭を気遣えないし、育ててくれ
た祖母達にも申し訳ないと思わないのかな。
ジュミの家庭に勝手に入り込み、掻き回しておいて、ジュミに八つ当た
りされると被害者面だし。
まあ、ジュミのセイン&母に対する異常な執着にもげんなりした
ウンニムの実母は、今の生活を守ろうと必死になり、現実を隠そうとす
すので、同情できなかったなぁ〜。
そして、ウンニムに、異様に懐くジュミ妹&弟は不自然だったわ。
視聴中、理解不能な人間が多くて、イライラしました。


おすすめ度:★★☆☆☆
トキメキ度:☆☆☆☆☆(ゼロ)

スポンサーサイト
  1. 2014/08/22(金) 00:50:07|
  2. ├ 韓流ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日の晩ご飯 | ホーム | 昨日の晩ご飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topaz1118.blog.fc2.com/tb.php/684-2c90945c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)