まんまるうさぎ

イタズラなKiss~惡作劇之吻~

2005〜2006年  【全30話】

高校生の琴子は、長年片思いしている相手(直樹)にラブレターを渡す
が受け取ってもらえずスルーされ、それが学校中の噂になり、有名人に
なってしまう(直樹は、もともと天才で有名)。
学校は、成績順でクラスが分かれており、全国模試1位で天才の直樹は
A組、成績が悪い琴子はF組。
ある日、震度2の地震で琴子の家が崩壊。当分の間、琴子父の中学時代
の親友宅で琴子と父はお世話になることに・・・
父と荷物を持って訪れた家は、直樹の家でした。
女の子が欲しかった直樹母は、琴子と一緒に暮らせてハイテンション。
琴子の部屋は女子仕様で準備されているが、直樹の弟(裕樹)は、琴子
に自分の部屋を取れられ不機嫌。そして無愛想。

中間試験で「直樹の成績を超してやる。100番以内に入る」と言う琴
子。夜中まで勉強するが、さっぱり理解できなくてパニック。
そんな時、直樹母が、直樹の子供の頃のアルバムを見せてくれる。
しかし、そこには女の子の写真ばかりで直樹の姿がない・・・実は、女
の子が欲しかった母は、直樹に女装をさせていたのでした。
写真を1枚もらった琴子は「写真を返して欲しければ、中間テストまで
勉強を教えて!」と直樹にお願いする(脅す)。
琴子に勉強を教えるという直樹に、家族はビックリ。2人が仲良くなっ
たと思い喜ぶ母。
(本当は、母が写真を渡したせいなんだけど・・・)
琴子の事が好きな金之助は、直樹の存在を鬱陶しく思っている。

今までは、誰にも邪魔されず自分のペースで生きてきた直樹だったが、
次第に、琴子のペースに巻き込まれてしまう。
ある日、直樹の両親と琴子の父が、3世帯住宅を建てようと計画してい
る事を知る。(勝手に、直樹と琴子が結婚する前提)
琴子は呆気にとられ、直樹は怒り出す。

直樹は、何にでも一生懸命取り組んでいる琴子の事が理解できない。
(自分は、一生懸命しなくても出来るから・・・)
卒業式後の謝恩会。F組が集まっている所にA組来た。琴子が直樹に振
られた事が話題にあがり、バカにされた琴子は怒り、直樹の幼少期の写
真(女装)をみんなに見せてしまう。怒った直樹は、琴子を連れ出し、
言い争そう。「入江くんの事、好きなのやめる」と叫ぶ琴子。
直樹は、何故か腹が立ち、琴子にキスしてしまう。

直樹の大学試験日。風邪気味の直樹に眠くなる風邪薬を飲ませたり、勝
手に試験会場まで付いて行った琴子が腹痛のため倒れ、直樹は病院に連
れて行くハメになる。
結局、直樹父が勧めた大学の試験が受けれませんでした。
(試験を受けようと思えば間に合ったが、直樹は行かなかった)
責任を感じた琴子は、夜中に家出しようとするが、直樹が遠回しに説得
して引き止める形に・・・(笑)

直樹は、琴子と同じ大学を選んだので、琴子のストーカー行為は続く。
しかし、美人で賢いライバル(松本裕子)出現。テニス部に入った直樹
を追いかけ、琴子も入るが、そこにも裕子が。
テニス部の須藤先輩は裕子が好きなので、お互いの恋を成就するために
協力する。須藤先輩と琴子が内緒話をしているのが気になる直樹。

直樹は、自立のため家を出ます。琴子は、ますますストーカー(笑)。
バイト帰りの直樹を待ち伏せしてたら、裕子と一緒に帰っているのを目
撃する。後をつけると、一緒に松本家に入って行きました。
裕子と付き合っているとショックを受ける琴子ですが、直樹は裕子の妹
の家庭教師をしていたのでした。
ある日、直樹のバイト先に来て体調が悪くなった琴子を、自分の家に連
れて帰るハメになる。そして、母に迎えに来るよう頼んだが「琴子ちゃ
んを泊めて」と言い、電話を切る。
夜、直樹はベットで寝ようとするけど、琴子に取られる。しかし、申し
訳ないと思った琴子は、自分が床に寝ると言いだすが、一緒のベットで
寝る事に。
手を出してこない直樹に「女として見てくれてないの?」と落ち込む琴
子だったが、直樹に「母の思い通りになりたくないから期待しないで」
と言われる。

直樹の両親と琴子父が、友達のお祝いに故郷に帰る。夜、裕樹が腹痛と
嘔吐で苦しんでいた。慌てた琴子は、直樹に電話。琴子は「料理下手な
自分が作った料理が原因?」と言うが、一緒の物を食べた琴子は大丈夫
なので違う。急いで、病院に行くよう指示をする。
直樹が病院に着くと、裕樹は手術していた。そして、不安そうな琴子を
思わず抱きしめていた。
直樹は、裕樹のベット横の椅子で、うたた寝している琴子にキス。
それを偶然起きた裕樹が目撃して、直樹は「内緒」だと合図。
裕樹の御見舞いに行った琴子は、同じ病室に入院している少年(ノンち
ゃん)と知り合う。入院生活が長く学校に行けないノンちゃんは、裕樹
と友達になり、琴子達と楽しく過ごす。
裕樹が退院の日、寂しそうに見送るノンちゃんが可哀想で、直樹に「天
才なんだから、ノンちゃんの病気を治してほしい」と琴子がつぶやく。

琴子の親友(理美、じん子)は、彼氏とうまくいってなくて、クリスマ
スは女同士3人で楽しむ約束をする。直樹一家はパーティがあり、琴子
も誘われるが、先約があるので泣く泣く断わる。当日、じん子から「彼
氏と仲直りした」と断りの電話がかかる。そして、直樹達が出かけた後、
理美からも断りの電話が・・・
琴子はパーティに行けばよかったと後悔するが、後の祭り。
犬(チビ)と寂しい時を過ごしていますが、チキンとケーキを持った直
樹が1人帰ってきます。(直樹は、彼氏といる理美を見かけていた)
まだまだ素直になれない直樹だが、琴子の事が気になる様子。

自分の会社を継いで欲しい直樹父は、直樹に将来の事を聞くと「医者に
なりたい」と言われる。会社を継がない事に父は激怒。
そんな父の態度に「将来の道も、琴子の事も勝手に決めて、俺の気持ち
を無視している」と怒る直樹を、母は叩いてしまう。
家を飛び出した直樹を追いかける琴子。直樹から「医者になりたい。医
学部に編入する」と、告げられる。

家では、琴子と直樹を無理矢理くっつけようとした行動を反省して泣き
じゃくる直樹母。しかし、裕樹が「兄ちゃんは琴子が好きだ。泣かなく
ていい」と断言。詳しく聞こうと追いかけてくる母から逃げる裕樹。

直樹が、医学部に編入したと知った父は倒れる。入院の間、直樹が父の
代わりに社長代理を務めるが、会社の経営状況は厳しい状態だった。
会社と社員を守るため、資金援助をしてくれるという大泉会長の孫(沙
穂子)と見合いする事を決心。
お見合い当日。直樹母は、見合いを壊そうと直樹の印象が悪くなる事ば
かり言うが、沙穂子は直樹が気に入り付き合う。琴子は、放心状態。
琴子は、金之助に誘われるままデートをして楽しみますが、やっぱり上
の空。そんな時、金之助は調理師免許に合格。琴子に再度プロポーズし、
キスをしようとしますが琴子の目には涙が・・・
「俺とのキスは、そんなに辛いんか?」とショックを受ける金之助。

そんな時、直樹も沙穂子に別れを告げていました。沙穂子も、直樹は琴
子の前だけで、怒ったり笑ったり感情を出すと気付いていました。
「金之助が琴子にプロポーズした」と理美達から聞いた直樹は、琴子を
必死に捜す。やっと見つけ出した直樹は、琴子にキスをする。
家に帰り、琴子父に「お嬢さんと結婚させてください」と言い、家族は
ビックリ&大喜びでした。
「お前といると感情に振り回され、本当の自分になれる」という直樹。
(確かに、振り回されてます・・・)

沙穂子との婚約破棄に伴い、大泉会長は資金援助をやめると言いだした。
琴子は、大泉会長に直談判しに行くが断わられ、部屋の前に座り込みを
する。直樹が迎えに行くが、琴子が帰らないと分かると、一緒に座り込
みを始める。
大泉会長は「資金援助を考えると言ったら、直樹と別れられるか?」と
聞くと、琴子は「別れる」というが、直樹は「別れない。倒産したとし
ても立て直すと」キッパリ。
それを聞いた大泉会長は、契約を結ぶ。

直樹母は、直樹の気が変わらないうちに結婚式を強行。
裕樹が結婚祝いとして、琴子が気付いてない2回目のキス(病院での)
を教えてあげる。
結婚式は、無事終了〜。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

イタズラなKissは、だいぶん前にこのドラマ(台湾版)視聴と原作
漫画を読んだくらい。なので、台湾版は今回2回目。
日本版のドラマは見る気がしないし、ちょっと前に韓国版を見てました
が挫折しました。今、韓国版が放送されてるので、再挑戦しようかと録
画はしてますが・・・

そうそう「エースをねらえ!」ネタが途中で出てきました。
そしてラストは、まさかの・・・新郎新婦の衣装が入れ替え〜。
はっきり言って、う〜ん です。

実際に琴子キャラが近くにいたら、絶対好きになれませんね。
思い込みが激しくて、ストーカー。そして、合宿で、琴子が作ったと思
われている料理を褒められると、部員に「希望のメニューがあれば書い
て!」と図々しく言うし。。。(本当は、直樹が作ったのに
私の場合、このドラマを観る目的は、直樹のツンデレを見たいだけなん
でしょうね。


おすすめ度:★★★☆☆
トキメキ度:★★★☆☆

スポンサーサイト
  1. 2014/08/13(水) 11:08:59|
  2. ├ 華流ドラマ・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日のおやつ&ご飯 | ホーム | 昨日の晩ご飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topaz1118.blog.fc2.com/tb.php/674-aba51411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)