まんまるうさぎ

会いたい

2012~2013年  【全21話】

14年前、15歳の少女(スヨン)は父から虐待を受けていた。スヨン
母は、夫が怖くて見て見ぬ振りしているが、ある日警察に通報する。
そして、殺人事件の犯人としてスヨン父が逮捕され、死刑になる。

ジョンウは、アメリカから帰国。父(テジュン)、継母(ミラン)、異
母妹(アルム)がいるが、ミランはジョンウを冷遇している。
ある日、公園でスヨンとジョンウが出会う。雨が降り出し、スヨンはジ
ョンウのために家から傘を持って来て貸す。ジョンウは、ずぶ濡れのス
ヨンを気遣うが「もう濡れてるから大丈夫」だと笑顔。
ジョンウは「明日、傘を返す」と約束し別れます。

ジョンウ祖父が死亡。ジョンウ父は、葬儀の喪主をジョンウにまかせて、
父の愛人を脅し(遺産を奪い)に行く。
ジョンウ祖父には愛人(ヒョンジュ)と息子(ヒョンジュン)がおり、
父のお金を取られまいと、ヒョンジュを監禁。そして、ヒョンジュンを
犬に襲わせる。犬に噛まれて怪我を負ったヒョンジュンは何とか逃げ切
り、叔母と隠れて生活する事を余儀なくされる。
この怪我で、足が不自由になってしまう。
そして、部屋に閉じこもっていると、窓から覗いて挨拶してくるスヨン
と出会う。

ジョンウは、学校で傘を返そうとスヨンの所に行くと「27番。人殺し
の娘」と虐められていた。怖くてスヨンに近づけないジョンウ。
ある日、ジョンウが不良に虐められている所をスヨンが助けるが、ジョ
ンウはスヨンに怯える。
スヨンは「私は、違う。誰も人を殺さない。」と悲しげに告げる。
後日、スヨンの家の近くに来たジョンウは、スヨン父に息子を殺された
親が怒鳴り込みにきているのを目撃。スヨン母は「好きにすればいい」
とスヨンを差し出していた。その場面をジョンウに見られたスヨンは逃
げますが、ジョンウは追いかけ「友達になろう」と言います。
学校で一緒に行動するジョンウに「自分といると、友達がいなくなる」
とスヨンは心配しますが「友達は1人いれば十分だ」と言うジョンウ。
この事がきっかけで、友達になった2人。

スヨンの家に「真犯人が捕まった(スヨン父は誤認逮捕だった)」とキ
ム刑事が言いにくる。殺人犯の家族だと偏見を持たれて暮らしていたス
ヨン親子は、勝手にキム刑事の家に住みつく。
負い目があるため断われないキム刑事は、自分の娘(ウンジュ)を含め
4人の共同生活が始まる。

ある日、ジョンウが誘拐され、助けようとしたスヨンも捕まる。一緒に
捕まって監禁されていたが、スヨンは犯人に暴行されてしまう。ジョン
ウは父に助けられ、父に「スヨンを助けて」と頼んでいたが、父は助け
なかった。そのまま行方不明になるスヨン。
スヨンを見捨てて逃げた形になってしまったジョンウは、精神的におか
しくなり引きこもり。
ウンジュは、スヨンの日記をジョンウに渡す。日記に「雨が降ったら告
白する」と書かれていた。
ジョンウは留学さされそうになり、家出をする。
これをきっかけに、父に見放された。

事件を捜査していたキム刑事は、スヨンが性犯罪を受けた事を知る。
ショックを受けたキム刑事は「スヨンを自分の娘として必死に捜す」と
ウンジュに宣言。
警察では、スヨンは死んだと断定されるが、生きていると信じるキム刑
事は、独自で捜査を続行。とうとうスヨンの居場所を見つけた。
スヨンは、ヒョンジュンに助けられていて「海外に一緒に行こう」と言
われるが、ジョンウが助けに来るのを待っているスヨンは拒否。
「見捨てられたんだ。一緒に行こう」と言うヒョンジュン。
キム刑事は、スヨンが乗った車を追いかけるが、何者かによって車のブ
レーキのペダルの裏に空き缶を置かれ、ブレーキが効かなくて交通事故
を起こし死亡した。

14年後。
スヨン母は、ジョンウとウンジュの3人で仲良く暮らしている。
ジョンウは、キム刑事と同じ強力班刑事になり、ウンジュは漫画家。

ある日、豪邸のプールで溺死した女性(ミシェル)の事件をジョンウが
担当。ミシェルの身内のハリーを家まで送った時、女性(ジョイ)に会
う。何故か、ジョイとスヨンが重なるジョンウ。
14年前、ヒョンジュンと一緒にフランスに渡ったスヨンは、ジョイと
名前を変えてデザイナーとして暮らしていた。ヒョンジュンはハリ―と
して生きており、2人は恋人同士。ミシェルは、ヒョンジュンを匿って
いた叔母。
後日、ミシェルの部屋の捜査に来た刑事(ジョンミョン)が、同僚刑事
を「ハン・ジョンウ」と名前を呼んだのを聞いて、ジョイは初恋のジョ
ンウだと気付く。
警察は、ミシェルは自殺だと判断するが「水着を着て自殺はしない」と
他殺だと考えるジョンウ。

ヒョンジュンとジョイが車で移動中、歩行者の男とぶつかる。この男は
14年前、スヨンを襲った犯人(サンドゥク)だった。
サンドゥクは、助手席に乗っていたジョイがスヨンだと気付いた。スヨ
ンも昔の記憶が戻り、恐れ戦いていた。
後日、ジョイの家にサンドゥクから電話があり「これから病院に連れて
行け」と呼び出され、怯えながら車で向かう。
その日・・・サンドゥクは殺された。

ジョンウは、ジョイの喋り方、笑い方、仕草がスヨンと一緒なので本人
だと気付きますが、ジョイは否定。ジョンウは「(あの時)来なかった
のは見捨てたんじゃなく、まだ向かう途中なんだ」と14年待ちこがれ
ていたスヨンに告白。
ジョンウがジョイに近づいている事を知ったヒョンジュンは、ジョイに
「結婚しよう」と迫る。

サンドゥク宅の車載カメラにジョイが映っていて、殺人の容疑者として
警察に連行されるジョイ。「すぐ釈放させるよ。僕を信じてるよな?迎
えに行く」とヒョンジュン。ジョンウは「俺に任せて。もう離さない」
とジョイを連れて行く。
ジョイは釈放(容疑が晴れた訳ではなく、逃げる可能性がないから)さ
れる。そして、スヨン母も娘だと気付き再会するが「スヨンに戻りたく
ない」と言われ「不自由な暮らしをしてたら意地でも連れて帰るが、来
なくていい。スヨンは死んだ」と涙ながらに帰って行く。

サンドゥクを殺した犯人が捕まる。警察署で働いている掃除のおばさん
(ミジョン)だった。ミジョンの娘は、サンドゥクに暴行され自殺し、
娘の復讐をした。
ジョンウは、改めてスヨンが生きていてくれた事に感謝。
「生きててくれてありがとう。待たせてくれてありがとう」とスヨンに
メールを送る。
スヨン母は「(スヨンを)ずっと待ってる」と言うジョンウに「スヨン
に戻りたくないと言っている。自由にしよう」と泣きながら懇願。
いつか帰ってきてくれると思っていたジョンウは、放心状態~。
その様子を見ていたスヨンは、ジョンウがずっと辛い思いをしていた事、
14年前に家出し、父に勘当された事を知る。

スヨンとジョンウは2人きりになり、キスをします。
(ジョンウはスヨンの緊張をほぐそうと、14年前にバスの中で偶然の
 事故でファーストキスしていると告白)
しかし、14年間家族だったヒョンジュンを1人にできないスヨンは、
「ジョンウと付き合えない」と断わる。
「スヨンとしてダメなら、ジョイとして友達になろう」と提案するジョ
ンウ。友達としてでも会いたいと。。。
自分のせいで、キム刑事が死んだ事を知ったスヨンは、犯人を捕まえる
ために辛い過去を思い出そうとする。

そんな時、ジョンウ父のサンイル貯蓄銀行の不正が発覚。
14年前の事件にも父が関与してて、警察の上司も一緒に隠蔽していた。
上司を追求しようとしたジョンウは事件から外され、自から辞職して、
事件を探っていきます。
ヒョンジュは、亡きジョンウ母の妹で、ジョンウ父に殺されたと思って
いたが生きていた。ヒョンジュンが会いに行ったが、息子の事が分から
ない状態だった。ショックを受けるヒョンジュン。

14年前の事件の発端は、ジョンウ父が父の遺産をヒョンジュ親子から
奪おうとした事から始まった。ジョンウ父に対抗するため、ヒョンジュ
がジョンウを誘拐しようとして、スヨンが巻き込まれたのだ。
ジョンウは、ヒョンジュン親子の存在は全く知らなかった。

ヒョンジュンは「ただの1度も僕を愛さなかった罰だ」と、すべての罪
をスヨンにきせる。(母もスヨンも失って、精神的に壊れていく)
スヨンを逮捕しにきた警官に拳銃を向けるジョンウ。スヨンは殺人をし
ないと信じているし、二度と手を離ないと決めているから。。。

14年前、キム刑事にスヨンを奪われないために、車のブレーキが効か
ないように缶を入れたのはヒョンジュンだった。移り住んだフランスで
も同様の未解決事件があり、ヒョンジュンが犯人だと分かる。
結局、自分の叔母を殺したのも、スヨン暴行したサンドゥクの止めを刺
したのもヒョンジュンの仕業だった。

ジョンウとスヨンは両思いに。
スヨンは、ペアリングを買ってジョンウに告白予定。しかし、ジョンウ
も婚約指輪を用意していて、スヨンより先に「初雪が降ったら結婚しよ
う」とプロポーズ。スヨンも用意していた指輪を渡します。

ヒョンジュンはジョンウ父をお金で釣り「息子を俺のようにしろ。脚で
はなく、僕から母を奪ったように、息子から一番大事なもの(スヨン)
を奪え」と命令。
(お金欲しさに命令に従う父。どうしようもねいね・・・)
ジョンウ父は、スヨンをヒョンジュンに渡す。
連れてこられたのは、14年前にスヨンが襲われた場所。古傷(ジョン
ウに裏切られた事)を思い出させるために、この場所を選んだ。
当時の事を思い出して怯えるスヨン。ジョンウが助けにくるが、ヒョン
ジュンはスヨンに銃を向け、一緒に死のうとする。
スヨンが「ジョンウ。待っててくれてありがとう。今度は私が先に行っ
て待ってる」と言う。その言葉に怒ったヒョンジュは、スヨンに銃を向
け発砲するが、ジョンウが代わりに撃たれ、駆け寄るスヨン。
それを見ていたヒョンジュンは「僕も、君のために死ねる。僕を見てく
れ」と拳銃を頭にあてるが、スヨンはジョンウに夢中で相手にしてない。
(ちょっと、可哀想でした)
ヒョンジュンは警察に撃たれ、2人とも出血多量で病院に運ばれる。
ジョンウは大丈夫だったが、ヒョンジュンは脳損傷による後遺症が出る
可能性があると診断された。
不正融資と贈賄の容疑で起訴されたジョンウ父は、重刑になる。

10ヶ月後。
警察に復職したジョンウ。
スヨンの名前で住民登録証を作ってくれていた。
一緒にヒョンジュンの病院に面会に行くと、少し話せるが学習能力はな
い状態。無期懲役だから、いずれは刑務所に入る予定。
初雪が降り、約束通り教会に行く2人。指輪を嵌めて写真を撮り、みん
なにメールで報告。後日、改めて結婚式をするらしい。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

ジョンウの一途さに萌え~
14年前、ジョンウは髪のピン止め(洗濯バサミ)をスヨンにあげます
が、それが可愛いんだよね〜。
あと、スヨンとヒョンジュンって恋人だったのに、キスもしてない設定
でしたよね?スヨンのトラウマを考慮して・・・奥手だったのかしら。

それぞれの心情がよく表現されてて、よかったです。
私の好きなタイプのドラマでした。


おすすめ度:★★★★☆
トキメキ度:★★★★☆

スポンサーサイト
  1. 2014/07/24(木) 13:47:19|
  2. ├ 韓流ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日の晩ご飯 | ホーム | 昨日のご飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topaz1118.blog.fc2.com/tb.php/650-d9a5d253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)