まんまるうさぎ

美男ですね~Fabulous★Boys〜

2013年  【全20話】

修道院でシスターを目指しているミニョは、寝坊して遅刻し、教会にな
んとか忍び込む。前の席の女性(パク・シネ)が音楽を聴いているのを
注意するが、いくら注意してもやめないので、取り上げようとすると、
イヤホンが飛び教会内に音楽が大音量で流れる。

ミニョの所に、知らない男(マ室長)がやってきて「ミニョ兄(ミナム)
が大人気バンド(A.N.JELL)の新メンバーになった。しかし、少しの間
帰って来れないので、ミナムの代わりに、契約書にサインをしてくれ」
と頼まれる。修道院育ちのミニョは、A.N.JELLと聞いても「??」だが
兄が困ると思い、承諾。
男装をしてミナムになりすましたミニョはサインをしに行くが、テギョ
ンから「歌声を聴かないと、メンバーとして認めない」と言われる。
困ったミニョは、賛美歌を歌う。天使の歌声にテギョンも納得。

マ室長から、1ヶ月間だけ、身代わりになるよう頼まれるが、ミニョは
ローマに行く予定だったため、空港に行く。そこで、偶然テギョンとぶ
つかり、慌てて航空券を拾って立ち去るが、航空券でなくMP3プレー
ヤーでした。無事、搭乗券が手元に戻って来て飛行機に乗り込む。
機内で、テギョンの曲を聴きながら「有名になったら、母さんが迎えに
くる」と兄が言ってた事を思い出し、母に会いたいために戻ってくる。

ミナムとして生きるため、髪を切り、メンバーと共同生活を始めるが、
潔癖性のテギョンには嫌われている。
お酒を飲んで酔っぱらったミナムは、吐いて暴れて倒れた拍子にキスを
して・・・吐いてしまった
その相手はテギョン。彼は、ショックのあまり気絶。
ますます嫌われてしまう。

そんな時、事務所の意向で急遽デビューする事が決まったミナムは、逃
げようとする。それを、マ室長と衣装担当(ワン)が説得している所を
シヌが聞いてしまう、兄の身代わりになった妹(女)だと確信。
(前、酔い潰れたミナムを抱えた時に勘づいていたが・・・)

偶然、ワンとミナムが男装の話をしてる所を見たテギョンは、ミナムが
女だと分かり追い出そうとする。証拠動画をテギョンから動画を奪いと
り、逃げるミナム。
そして、争いの末、駐車していた車の上に落としてしまう。
(韓国版は、トラックの荷台の上でした)
ミナムが車に乗って拾っていると、勝手に車が動き出した。
車を追いかけ、ミナムを助けに走るテギョン。
「これ以上、ミナムに巻き込まれたくない」という理由で、自分からは
社長には言わない事にした。(ミナムが自分から辞めるように言う)

そんな時、ミナムは叔母から手紙をもらう。叔母と会う事ができなかっ
たので、母の消息を知るために、少しの間メンバーに残る事を決める。
テギョンに許しを乞うために、父が母に贈った大切な指輪を預けようと
する。「信じていれば叶う(母に会える)」と言うミナムに、テギョン
は「叶うかどうか、試してみよう」と指輪を噴水に投げ込む。
「指輪が消えたら、お前の母親が消えたも同じ。ミナムとして残る理由
も消えた」と言い去って行く。(指輪は投げていない)
朝まで探しているミナムを止めに行く。探すのを止めないミナムのため
に、ポケットから指輪を落とし、それを見付けたミナムは喜ぶ。
ミナムと一緒に宿舎に帰るテギョンは「女だと内緒にするが、助けるつ
もりはない」という。
撮影現場がプールだったり、苦難は続きますが、テギョンとシヌが何か
とフォローします。ジェルミは、ミナムの事が好きになり、同性愛なの
か悩み中。

ミナムの母が、この世に居ない事を知ったミナムを慰めるテギョン。
シヌは、ミナムに告白しようと食事に誘う。ミナムがトイレに行った時、
海老アレルギーで苦しんでいるテギョンと偶然会い、介抱し、つかの間
の休日を過ごす。(観覧車に乗りに行くが、テギョンは高所恐怖症)
シヌは、置いてけぼりをくらわされる。

母を捜す必要がなくなったミナムは、荷物をまとめ出て行く決心をしま
す。その時、ミナムの叔母が「住む所がなくなった」と押し掛けてくる。
甥とはいえ、男女が同じ部屋は不都合だという話になり、ミナムが誰か
と相部屋になる事で話はすすむ。
ジェルミは、ただでさえミナムを意識してるし、シヌは女だと知ってい
るテギョンが適任だと考え拒否。残るテギョンも、もちろん拒否。
アン社長は「みんな冷たすぎる。俺と一緒に暮らし、サウナやジムに行
こう」と言う。女だとバレてしまう・・・と、ミナムの泣きが入り、テ
ギョンは仕方無くミナムを受け入れます。

寝る時、電気を消すと寝れないテギョンと消さないと寝れないミナム。
当然、居候のミナムが我慢する事になるが、テギョンが寝たのを見計ら
って消そうとする。テギョンの寝顔を見ながら、マ室長に渡されたスタ
ンガン(痴漢防止用)を「必要ないなぁ」と思って見ていたら、スイッ
チが入り気絶。テギョンのベットに倒れるミナム。
テギョンは目覚めて、ビックリ。でも、ベットに倒れて寝ているミナム
を蹴り落とせなくて、布団をかけてやる。
(韓国版では、マ室長が目撃するんだよね)

シヌと仲良くしているミナムに「あいつ(シヌ)の部屋に行けば?」と
言うが「シヌさんは、男性ですよ」との返答。テギョンは、自分を男性
だと思っていない事に不服(笑)
ミナムは、恋愛歌が感情を込めて歌えず悩んでいた。
父の墓参りにシヌに連れてきてもらい、あとからテギョンが追いかけて
きます。そして、のどかな草原で歌っているテギョンは熊に襲われる。
(韓国版は、テギョンとミナムが一緒の車で行き、豚に襲われる。)
テギョンへの愛を自覚したミナムは、愛が溢れ出し、感情を込めて歌い
上げることができます。

ミナムがシヌを好きだと勘違いしたマ室長は、ドキドキしたら鼻を上に
あげる(ブタ鼻にする)と、ツボが刺激されていいと教える。
真に受けたミナムは、テギョンの前で繰り返す。意味不明なその行為に
「バカにしているのか?!」と怒るテギョン。

テギョン母は、昔愛した男がいたが、違う男の子供を身ごもり、生まれ
たのがテギョン。全く愛情をかけず、子供に無関心な母親だった。
そんな母が、テギョンに曲のリメイクを頼みにくる。
この曲は、愛した男が自分のために作ってくれたらしい。

テギョンの誕生日。
母から食事の誘いを受け、自分の誕生日を覚えていたのかと少し期待し
てしまったテギョンだったが、仕事の話だった。
自分の欲望のために息子を利用する母。挙げ句、テギョンのせいで好き
な人を失ったと言う母。ショックを受けるテギョンを知ったミナムは、
誕生日に修道院の学長がしてくれた事をテギョンにする。
抱きつき「あなたが生まれた今日は大切な日よ。生まれて来てくれてあ
りがとう」と背中をトントン叩く。感動するテギョン。

テギョンの事が好きな、人気女優(ヘイ)は、ワンに鎌をかけてミナム
が女だと知る。それをネタにテギョンを脅迫。
テギョンは、芸能活動を頑張るミナムを守るため、黙っている事を条件
に、ヘイと交際しているフリをする。
ミナムを気に入らないヘイは、陰湿なイジメをするが、その度にメンバ
ーがカバー。

みんなに大切にされてるミナムが腹立たしいヘイは、ミナムを追い詰め、
PV試写会で女だと告白しろという。
ミナムは、テギョンが買ってくれた(非常時用)の女性服を着て、会場
に訪れる。それに勘づいたテギョンは、シヌとジェルミに「白い服の女
(ミナム)を捜せ」と言う。全く知らないジェルミは??状態。
真っ暗な会場で目が見えないテギョンは「俺の見える場所にいろ」と叫
ぶ。それにより会場が明るくなり、ミナムを発見。見つめ合う2人だが、
シヌが機転をきかせて、ミナムの顔を隠し「俺の彼女です」と言い会場
を後にします。テギョンが買ったヘアピンは、会場に落ちて踏まれて壊
れていました。それを持ち帰るが、ゴミ箱に捨てる。ゴミ箱にヘアピン
を見付けたミナムは修理をします。
(韓国版は、テギョンがヘアピンを持ち帰ったが、再び会場に捨てて、
 そこでミナムがヘアピンを見付けたはず・・・)

シヌは、今回の事(PV試写会で、僕の彼女ですと言った事)で、彼女
に誤解されたから、ミナムから説明してほしいと頼む。
ミナムがシヌの事を好きだと思っているテギョンは、人が良すぎるミナ
ムを引き止め、衝動的にキスしちゃう。
その後、ミナムはヘイとテギョンの会話を聞いてしまう。テギョンは、
「ミナムに何の感情もない:と言っていた。それを聞いてショック。

ミナムは、キスの事でテギョンに気を使わせたら悪いと思いメールを送
ります。「キスの事は何とも思ってません」と送るつもりが「キスの事
は何とも良かったです」と送ってしまう。
慌てて消しに行くが、勝手に部屋に入ったのがバレました。
(韓国版は、テギョンの携帯を手にしたミナムが「暗証番号はなんだろ
 う?」とブツブツ言ってる後方から「・・4820・・」とテギョンが
 暗証番号を呟き、ミナムはビックリする。私は、こっちの方が好き)

壊れたヘアピンを直して大事にしてたり、ブタ鼻にする仕草の理由(好
きな人の前で想いを抑えられない時にする)をマ室長から聞いたテギョ
ンは、ミナムの元へ。「俺を好きになっていい。許可してやる。特別会
員称号を与える」と傍に居る事を許可します。

シヌの両親に、彼女がいるという記事の真相を説明する事になったミナ
ム。一緒に行くはずのジェルミが仕事の都合で行けなくなり、2人きり
の旅行になった。それを知ったテギョンは、ミナムを連れ戻しに行く。
一方、シヌはミナムに気持ちを伝えます。「俺と新たに(恋)を始める
気があれば、一緒に行こう」と誘います。
ミナムは、搭乗しませんでした。
迎えにきたテギョンは、ミナムに「愛してる」と告白し両想いに。

本物ミナムの帰国が決まります。
そんな中、テギョン母と父が大恋愛して、母が1人で自分達を生んで死
んだと思ったミナム。真相を聞くため、テギョン母に会いに行く。
テギョン母は、テギョンを呼びつける。
ミナムが、自分の父の曲だと知ってて黙っていた事に腹を立てるテギョ
ンは「子供の頃から孤独で、やっと信じられる相手が見つかったと思っ
たのに、母が執着してた男の子供だった」と怒り心頭。
しかし、この曲は、テギョン母に邪魔されたミナム父が、ミナム母のた
めに作った曲でした。

沖縄から帰る空港で本物ミナムと合流予定。ミニョは記者に追いかけら
れ、こける。そこへ、本物のミナムが登場。
テギョンはミニョとよりを戻そうとしますが「テギョン母を許せる自信
がない。父の曲を制作しないでほしい」と言い去って行く。
(父の曲は、母のための曲だから・・・)
テギョンは、去って行くミニョの手を握りますが、外されました。

奉仕活動でアフリカに行く事にしたミニョ。
ミニョはA.N.JELLファンクラブサイトに、メッセージを送る。それを見
たテギョンは、戻ってこない事を知りショックを受ける。
街で再会するが、お辞儀のみのミニョに腹を立てる。
ミニョの所にマ室長が現れ、ミナムからの手紙を渡される。
「また、自分の身代わりになって、みんなと一緒に過ごしてみろ。テギ
ョンの事で後悔するな」と書かれていました。
数日、身代わりになるミニョ。ミナムを見付けたテギョンは「メッセー
ジを受け取った。あいつのおかげで俺もきっぱり終わらせれる。お前が
いなくても俺は元気だ」とミニョに伝言を頼む。
(しかし、ミナムはミニョなので本人に伝わっていた)

ミニョは、ヘイと会ってます。(ミナムはヘイが好きらしい・・・)
そして、後で合流する社長にサウナに誘われたら困るので、マ室長かの
提案(酒を飲んで潰れる作戦)にのるミニョ。
そこに、強がりな伝言を頼んで後悔したテギョンが、ミナムに口止めし
ようとやってくる。しかし、ミナムは酔いつぶれてて、自分達の寮まで
連れて帰る。テギョンは、ミニョだと気付いてました。
(韓国版は、酔ってテギョンに寄りかかり、手を握って気付くんだよね。
 シヌも気付くが、いち早くテギョンが連れて帰る。萌え〜♥)

ミニョのアフリカ出発日がテギョンのコンサート日。
テギョンは、コンサート会場にいるミニョを捜し見付けた。
「お前の行く所に俺も行く。俺は、お前が好きな星。お前だけの星だ」
とネックレスを渡し抱きしめキス。
ミニョは「やっと私の星を捕まえました」と、アフリカに行くのをやめ
たみたい。
(韓国版は、アフリカに行っちゃうんだよね〜)

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

今回の台湾版で、日本、韓国、台湾を制覇した事になります。
韓国版の美味しい所をまとめた感じでした。
この勢いで、以前録画しておいた韓国の「美男ですね<劇場版>」を観
ました。チャン・グンソクはツンデレ&可愛らしくテギョンを演じてて
好きですが、パク・シネが苦手なので残念です。

ビジュアル的にもストーリ―的にも、台湾版が好き。
A.N.JELLがボランティアする話があるんだけど、韓国版ではミナムは紙
芝居を作ってて、台湾版では編み物してました。それも、棒あみ
絶対、女性だと分かっちゃうよね

おすすめ度:★★★★★
トキメキ度:★★★★★
ディスク保存

スポンサーサイト
  1. 2014/06/28(土) 23:48:58|
  2. ├ 華流ドラマ・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日の晩ご飯 | ホーム | 昨日の出来事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topaz1118.blog.fc2.com/tb.php/616-0eec350d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)