まんまるうさぎ

第3病院~恋のカルテ~

2012年  【全20話】

医学的観点の違う「西洋医学」と「韓医学」の協力医療を売りにする病
院で働く医師達のお話。
西洋医学の代表(ドゥヒョン)と韓医学の代表(スンヒョン)は、天下
の神経外科医(ハユン)の息子だが、絶縁状態。

院内は「西洋医学は、部分的現象しかみない」「韓医学は、まじない」
だと医師同士で言い争い。協力はおろか対立していた。
ドゥヒョンの弟子(ヘイン)も最初は対立していたが、スンヒョンの優
しさに惹かれていく。
そんな時、スンヒョンの事が好きなウィジンが帰国。
スンヒョンは、ウィジンを妹のようにしか見てないが。。。
ある日、ウィジンは手の力が入らなくなり、演奏会の最中にヴィオラを
落としてしまいます。検査の結果、脳腫瘍を患っていました。
担当医のハユンは、ウィジンに「スンヒョンに病気の事は言わないでく
れ。今度挫折すると、将来がない。」と頼みます。
昔、スンヒョンの恋人が末期の卵巣がんで脳に転移。
ドゥヒョンが恋人に「本当の事を教えて欲しい」と頼まれ、余命3ヶ月
だと教えます。その後、恋人は自殺。
恋人の死後、スンヒョンは医師の仕事を投げ出し失踪します。
その時と同じようになってはいけないと心配するハユン。

〜スンヒョンが西洋医から韓方医になった経緯〜
当初、西洋医だったスンヒョンは恋人の死後、医師を辞めて失踪。
恋人が最後の手紙で書いていた、スンヒョンの母が暮らしていた所に行
き、韓方医(ヒョヌク)と、養女(ウィジン)と暮らす。
ある日、急患が来るが、スンヒョンは対処できず。
帰ってきたヒョヌクがハリ治療で治す姿を見て、スンヒョンは韓方医の
道を目指します。無事、韓方医になり今の病院へ勤務。

ウィジンは約束通り、スンヒョンに病気の事を言わず、養父の所に帰っ
て行きます。しかし、ウィジンの病気の事を病院内の会話で知ったスン
ヒョンは迎えに行って、病院に連れて帰り治療をする。
今の医療では助かる見込みはないが、手術をして欲しくて、今まで兄と
父にはかかわらなかったがスンヒョンが、頭を下げて手術してくれるよ
うに頼みます。手術は成功したが、有効な薬が無く、スンヒョンは山に
薬草を採りに行き、調合し作り上げる。
しかし、許可を受けてない薬は、患者に投与できないので困っていたが
ヘインがウィジンに投与してくれる。
しかし、この行為が問題になり、ヘインは医師免許剥奪の危機。
ドゥヒョンはヘインをかばい、2年間医師資格を停止される。
(ウィジンの腫瘍は小さくなり、効果があったのですが・・・)

そんな時、ハユンは亡き妻(スンヒョンの母)の散骨した山に行くが、
大雨のため滑って頭を打ち意識不明。
救急車も崖崩れのため入れないので、ドゥヒョンとスンヒョンは歩いて
父の元へ。そして、2人協力のもと、無事助けるのでした。
(西洋医学だけでも韓医学だけでも助からなかった。協力医療

2年後。。。
ヘインは自分の本当の気持ちに気付き、帰国したドゥヒョンとハッピー
エンド。
ウィジンは、義父と元気に暮らしています。
スンヒョンは医療ボランティアをするため旅立ちます。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

父を助けるため、息子2人が西洋医学と韓医学の協力医療をしたのは、
分かったけど、他の医師達(病院全体)が仲良く協力できて病院が発展
するような話しは最後までありませんでした。
それに「~恋のカルテ~」と副題が付いてるくらいだから、少しラブ度
を期待してたけど、期待はずれ
でも、韓国ドラマ特有の、陥れたりドロドロした部分は全くないから、
気軽に見れるドラマではありました。

おすすめ度:★★★☆☆
トキメキ度:★☆☆☆☆

スポンサーサイト
  1. 2013/12/22(日) 15:19:09|
  2. ├ 韓流ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の昼ご飯&晩ご飯 | ホーム | 膝の上が指定席?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topaz1118.blog.fc2.com/tb.php/376-65552275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)