まんまるうさぎ

初恋

1996〜1997年  【全66話】

父(ドッペ)の仕事の都合で春川に引っ越してきた、姉弟(姉:チャノク、
兄:チャニョク、弟:チャヌ)。
チャヌは、父が看板画家として働く映画館の経営者の娘(ヒョギョン)を
好きになるが、ヒョギョンは兄のチャニョクを好きになる。
チャニョクとの交際に反対したヒョギョンの父は、ヒョギョンの叔父に命
令して、2人の間を引き裂いてもらう。
ヒョギョンの叔父のやり方は卑劣で、チャニョクやチャヌに暴行したり、
父ドっぺに重症を負わせて入院させたり、チャニョクを追い回した結果、
交通事故の原因を起こしてしまう。一時は命も危なく、今でも足に後遺症
が残っている。

結局、チャニョク一家は、悲惨な目に遭い、貧しい生活を余儀なくされ、
チャニョクは美術学校、チャヌは大学を諦めたり・・・家族の人生を大き
く変えられてしまった。

チャヌは家計を支えるために大学を休学し、賭博場でバイトをしていたが
社長に認められ、学費を投資してもらい司法試験合格を目指す。
チャニョクを諦めれないヒョギョンは、彼を説得し付き合う事に。
しかし、またヒョギョンの叔父がチャニョクを追い回し、交通事故に遭い、
生死を彷徨う羽目に。
それにより、チャヌは司法試験を受ける事ができなかった。

賭博場を経営してる会社に就職し信頼を得たチャヌは、仕事を任されるま
でに出世。チャヌは、ヒョギョンの父や叔父に仕事で復讐するために、着
々と準備を進めていたのだ。

そして、復讐を実行する時がきた。
ヒョギョンの父親の会社は入札で落札できず、それに伴い急激に資金繰り
が悪化。チャヌが働いている会社に、ヒョギョン父が資金を頼みにきます
が、チャヌは断ります。父は「過去の事を土下座をして謝る」とまで言う
けど、それも断り、立場が逆転。
チャヌの復讐を知ったチャニョクは、チャヌに止めるよう説得します。
結局、資金を援助し倒産は免れますが、ヒョギョン父は心労のため持病が
悪化し死んでしまいます。

その後、チャニョクは改めて、ヒョギョンに別れを告げます。
そしてチャヌは会社を辞め、司法試験の勉強を始めて再出発。

後日、チャニョクがいつものように絵を描いている所へ、ヒョギョンが
やってきて・・・
チャニョクがヒョギョンに気付いた所で、ドラマは終わりました。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

ざっくり言えば、お嬢様(ヒョギョン)がチャニョクと別れないので、
チャニョクの家族が被害に遭ったお話。

私がヒョギョンの立場なら、親に態度で示し、それでも無理なら、彼や
家族に被害を与えたくないから、別れる道を選ぶかなぁ〜と思います。
だって、チャニョク家族への被害があまりにも大きい。
それなのに何度も、ヒョギョンはチャニョクを説得し、付き合います
自分が被害に遭うならいいけど、彼や家族まで巻き込むとなると話は違
うよね?それも、精神的&肉体的&金銭的被害
ヒョギョンは、人の立場になって考えれないお嬢様だから?
「愛」とは、そこまで理性を無くすものなのか?
ヒョギョンは、隠れて泣くか、親に隠れてコソコソするだけ。
挙げ句に、自分の欲望のままに、ヒョギョンの兄的存在(ソクジン)を
巻き込んでいきます。
このキャラは、最後まで共感できませんでした

主人公の周りは、人間味溢れる人ばっかりでした。
「同郷っていいなぁ〜」と思えるドラマです。
特に、ドンパル兄貴が素晴らしい。困った時には頼りがいがあります。
チャニョクとチャヌには「少し、冷静になれよ」と思う事がしばしば。

チャニョクが事故の後、絵を描いていた所から転げ落ちて、父が助けに
来て背負ってくれるシーンがあるんだけど、切なくて泣けました

復讐をしているチャヌに「本当の復讐とは、彼らに情をかけ許す事」と
チャニョクは説得します。
ここで納得できなかったは、チャニョク1人に迷惑がかかってるんなら、
自業自得で勝手に許せば良いけど、自分の恋愛のために家族を不幸に落
としてるんだから、言う権利ないんじゃないの?

なんで、復讐してる方が悪者みたいになっちゃうんだろう


おすすめ度:★★★☆☆
トキメキ度:★☆☆☆☆

スポンサーサイト
  1. 2013/09/10(火) 19:37:39|
  2. ├ 韓流ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日の晩ご飯 | ホーム | 昨日の晩ご飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topaz1118.blog.fc2.com/tb.php/209-6e952cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)