まんまるうさぎ

裸足の青春

1998年  【全16話】

父親が誰なのか知らずに育ったヨソクは、一生懸命勉学に励んで警察学校への
入学を控えていた。母親は父親の事を話す事も無く他界。
唯一残された手がかりは、母親が男性と写った写真1枚だけ。

ある日、偶然ヘジュンに出逢い、お互い気になる存在へ発展。
ヨソクはへジュンの父親(ソンジェ)に会った時、母と写真に写っていた男性
だと気付き、「父ではないか?」と聞くが「母親と付き合っていた事はあるが、
父親ではない」と言われてしまう。
その後、ヨソクの父親はヤクザのボス(ミョンソク)であることを知る。
(ヤクザのミョンソクと検事のソンジェは、祖父の代から敵対していた)

ミョンソクは、ヨソクの異母兄(サンヨプ)は頼りにならないので、ヨソクに
組の後継者になってほしいと頼むが、それを断り警察大学へ入学。
ミョンソクは組の将来を考えるあまり、ソンジェを陥れ、死に追いやってし
まう。それがきっかけで、へジュンの兄(スンジュン)は、ますますヨソク
一家を敵とし、ヨソクも警察大学を辞めてしまった。

父を殺されたへジュンは、スンジュンに留学をさせられるが、ヨソクへの気
持ちは変わりませんでした。

ミョンソクの部下(バンゲ)の裏切りにより、ミョンソクは警察に捕まり、
組は解散してしまう。
父を裏切ったバンゲは、父が嫌っていた ”麻薬、売春” にも関与しており
ヨソクの同郷の女性(スファ)が働かされている事を知る。
怒りを覚えたヨソクは、ヤクザの世界に入り、バンゲの悪事の資料を警察に
突き出し一網打尽に。

数年後、ヨソクは刑務所から出てきます。
迎えに来てくれていたのは、スンジュン。
今までの事は、水に流し和解しようと握手します。
そして「一緒に来た人がいる」と言って、出て来たのがへジュン。
スンジュンは2人の仲を認めてくれたのね〜

そして、2人が行った川辺には、サンヨプ夫妻と子供がいました。
一応、ハッピーエンドでした。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

真面目に生きてきて、警察になろうとしていた時に出て来た父親がヤクザ
だったって、どうなんだろう?やはり戸惑うよね。

ヨソクの異母兄(サンヨプ)は、急に出て来た弟にも優しい態度でした。
父親がヨソクに組を継がせようとしてたら、普通嫌がらせするよね。
知的ではないけど、サンヨプのキャラ好きかも〜。

ミョンソクは、息子を大事にしてたし、裏切りが多い世界の中で、ミョン
ソクの側近(ジェシク)は最後まで忠実だったのも良かったです。

特に、イライラする腹立たしい人も出てこないし、見やすいドラマだと
思います。


おすすめ度:★★★☆☆
トキメキ度:★★☆☆☆

スポンサーサイト
  1. 2013/08/23(金) 18:19:52|
  2. ├ 韓流ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の香り | ホーム | 今日の昼ご飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topaz1118.blog.fc2.com/tb.php/165-d58478c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)