まんまるうさぎ

トンマッコルへようこそ

朝鮮戦争の頃。
奥地(田舎)にトンマッコルという村があり、純粋無垢な村人が暮らし
ている。その村に、戦争で仲間とはぐれたアメリカ軍、韓国軍、人民軍
のそれそれの兵士が集まってくる。
戦争中と知らない村人は、何の抵抗もなく兵士を受け入れます。
兵士同士の対立で銃を構えても、手榴弾を持っていても、村人は一向に
恐れない。それどころか、村の少女(ヨイル)が笑顔で手榴弾のピンを
抜いてしまい、兵士の方がビックリ。
兵士たちが緊迫した状態の中でも、村人はイノシシの話で盛り上がって
たり。。。

兵士は、平和な村人達と一緒に生活しているうち、敵対心が薄れていき、
イノシシ退治で力を合わせたのをきっかけに、仲間意識がでてくる。
仲良く、農作業をしながら暮らしているが、平和な時はいつまでも続か
ず、戦争が村まで襲ってこようとしていた。
兵士は村を守るため、力を合わせ立ち向かっていく。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

村の不思議少女(ヨイル)は、とても良いですね。
戦争という重い雰囲気が、彼女が出た瞬間は雰囲気が一変しちゃう。
私的には、戦争映画は敬遠しがちですが、見やすい映画でした。
本来の人間同士なら分かり合える所を、自分の意志とは反して、戦わ
なければならない義務感。
やはり、平和が一番です


おすすめ度:★★★☆☆
トキメキ度:☆☆☆☆☆(ゼロ)

スポンサーサイト
  1. 2013/11/19(火) 09:47:11|
  2. ├ 韓流映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美人図

2008年

画員一族の長男(ユンボク)は、絵の才能を皆に評価されていた。
父も跡取りとして自慢の息子だったが、皆の目の前で筆使いを披露する
場面で、ユンボクは描けずに泣いてしまう。
今までの素晴らしい絵は、ユンボクの妹(ユンジョン)がユンボクに代
わって描いてあげていたのでした。
父は怒り、ユンボクは首を吊って自殺。
ユンボクになりすまし、生きて行く事を強いられた、ユンジョン。

  ↓ この後のユンボクはユンジョンの事です!

国王(正祖)に気に入られている画家(ホンド)に弟子入りし、ユンボ
クは、正祖も賞賛する腕前になっていました。
ある日、ホンドと一緒に歩いていると、走って来た男(カンム)がホン
ドぶつかり、弾みで、大鑑に納める高価な鏡を壊してしまう。
大鑑は「万両に値する絵を描けば許す」との条件を出したが、衝突で手
に傷を負ったホンドの代わりにユンボクが描く事に。
ユンボクの絵は、大鑑に気に入られ、事なきを得る。

その後、カンムに絵の題材になる風景に案内しててもらったユンボクは、
絵を描いていくが、最後に女が水浴びをしている所に連れていかれる。
それを見て、女の姿に魅せられたユンボクは、無心に絵を描く。
覗かれてる事に気付いた女性が悲鳴を上げられ、ユンボクは逃げる時に
川に落ちてしまい、服が濡れてカンムに女だとバレてしまった。

経験が浅いのに正祖に会えるユンボクを妬んだ仲間の画員が、ユンボク
の画帳を盗み、図画署に渡した。その画帳には女性の裸が描かれていて
「低俗な絵」だと叱られ出入り禁止になる所でしたが、ホンドが庇って
くれたおかげで、図画署の出入り禁止は免れました。
ユンボクは、「卑猥な絵ではなく、ありのままの人間の姿。美しい姿」
だと説明しますが、ホンドにも理解してもらえません。

ある日、道で画員に絡まれていたユンボクをカンムが助けて、いい雰囲
気に発展。男として生きて来たユンボクが女になります。
ユンボクとカンムが愛し合っている所を目撃したホンド。
ホンドは、ユンボクに師弟以上の感情を持っていました。

カンムとユンボクが一緒に寺を訪れた時、運悪く寺の取締に遭い、カン
ムが捕まってしまいました。
ユンボクは「師匠の望み通りにします」とカンムを助けてもらおうと、
ホンドに頼みます。
その結果、カンムは死罪は免れ、流刑に。流刑地まで歩いていく途中、
倒れたカンムを妓生が助け、一緒に都に戻ります。
カンムとユンボクは再開し、一緒に駆け落ちしようとしますが、カンム
はホンドに殺されてしまいます。
この事件がきっかけでユンボクが女だと世間に分かり、父とホンドも罪
に問われますが、ユンボクは自分1人でやった事と主張。
ユンボクは都追放、ホンドは免罪になりました。

都を追放されたユンボクは、ひとり船の上で美人画を描いています。
出来上がった絵を川に流して、流れる絵をずっと見つめています。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

官能的なシーンがありました。
韓国ドラマを見てて不思議なのが、時々胸の谷間でモザイクがかか
るドラマがありますよね?「推奴」だったかな。
映画やドラマでも裸のシーンは平気なのに、谷間くらいで・・・と
思うのは私だけ?(笑)

作品的には、もう少し凝ったストーリーを期待してたので残念。
大人なシーン は見れるけど、内容は普通な感じかな。


おすすめ度:★★★☆☆
トキメキ度:★☆☆☆☆

  1. 2013/10/22(火) 13:05:02|
  2. ├ 韓流映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秘密のオブジェクト

2011年


「婚外情事」の論文を作成中の40歳の大学教授(へジョン)。
夫とは冷め切った関係で、別居生活しているにもかかわらず、インタビュー
では仲の良い夫婦を演じている。
ある日、へジョンの助手として21歳の男子学生(ウサン)がやってくる。
ウサンにトキメキを覚え、男性として気になり始めるへジョン。
理性で押しとどめているが、ストレス発散のため友達と飲み、ホストクラブ
へ行くと、ホストとして働くウサンと遭遇。
それを見たへジョンは彼に「汚らわしい」「クズね」と罵ってしまい、それ
にショックを受けたウサンは行方不明に。
実は、ウサンは2年前にへジュンに一目惚れしていたのです。
一方、へジュンも「離婚せずに偽善者ぶってる。」と言われて、離婚を決意
します。

へジュンの言葉に傷ついたウサンは崖から自殺しようとしますが、デジカメ
が落ちた音で、我に返り思いとどまります。
ウサンは、へジュンの論文を手伝うため、大学に戻ります。
お互い謝り合い、抱き合う2人。
「好きに生きて、燃え尽きて死んでも・・・後悔は無い」とへジュンはウサ
ンを受け入れる事を決意する。
ウサンがシャワーを浴びている所へ、へジュンが入って行きます

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

最初の方は濃厚なベットシーンがあり、旦那が同じ部屋にいたので、正直
居心地悪かったです(笑)

ウサンがホストクラブに勤めるきっかけになったのが両親の離婚でした。
父と母に「離婚したら、どちらに付いてくる?」と聞かれます。
その時、ウサンは「この家が欲しい」と答えます。
そう言えば、親は出て行かないと思ったから・・・
しかし、両親は家をウサンに残し、出て行ってしまいます。
切ない・・・
親が居なくなった家を出て、放浪するウサンは、ホストクラブの社長と知り
合い、ホストクラブで働く事になります。
仕事のために女性と寝ていたウサンですが、へジュンとは純愛しようとして
いました。かわいい

私が好きなタイプのストーリー展開でした。


おすすめ度:★★★☆☆
トキメキ度:★★★☆☆

  1. 2013/08/18(日) 01:46:59|
  2. ├ 韓流映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連理の枝

2006年

ゲーム感覚で愛を楽しむ青年実業家(ミンス)。
ある日、ミンスは追突事故を起こして、親友に病院へ連れて行かれる途中で、
病院を抜け出していたへウォンと出逢う。
病院で再会し会っているうちに、ミンスはへウォンに今まで経験した事のない
トキメキを感じる。
へウォンもミンスを愛し始めていた。
しかし、彼女の残された時間は少なかった。
また、ミンスは、事故で検査した時に末期の脳腫瘍が発覚し悩んでいた。
お互い楽しい時間を過ごすが、へウォンは寝込んでしまう。
ベットの上で、写真に写った連理の枝を見ながら、
「この木は一本に見えるけど、二本の木が愛し合って一本の木になった。」
最後に見たいと、ミンスと一緒に行きます。
そして、へウォンは息を引き取ります。

ミンスは連理の枝の下で、へウォンの残した動画を見ています。
へウォンは「(ミンスの)病気の事を知っていたけど、知らないふりをして
いるのが辛かった」と言います。動画を見ながら涙するミンス。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

う〜ん。なんて言えば良いのかな?
主人公が2人とも同時期に死病にかかるってねぇ・・・
設定がやり過ぎのような。内容的にも、心打たれるものがなかったです。


おすすめ度:★★☆☆☆
トキメキ度:☆☆☆☆☆

  1. 2013/07/30(火) 12:14:18|
  2. ├ 韓流映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2階の悪党

2010年  

生活に疲れ果てて眠れない母(ヨンジュ)と容姿にコンプレックスを持った娘
(ソンア)は、お互いヒステリー。
そんな家の2階に移り住んで来た、自称作家の謎の男(チャンイン)。
チャンインは、ヨンジュの家にお宝の茶器があるのを知り、ヨンジュらが出て
行った後に、家の中を物色して茶器を探していた。
そんな毎日の中、精神不安定なヨンジュの相談相手になったり、ソンアが自殺
している所に遭遇したりして、母娘に振り回されるチャンイン。

探す期日が迫り、チャンインはヨンジュ達に「茶器を見つけて、山分けしよう」
と提案します。初めて、茶器の存在を知った母娘。
ヨンジュ達は、お宝を自分の物にしようと、チャンインを警察に密告します。

チャンインが服役後、ヨンジュ達を訪れると、高級なマンションに住んで、優
雅な暮らしをしていました。
チャンインは「分け前をもらうまで動かない」と、ヨンジュの家に寝転んでい
る所でエンド。

ー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

チャンインは、1ヶ月の予定で部屋を借りるのに、家賃2ヶ月分+保証金まで
払ってしまったり、ソンアの自殺を阻止しようと、なだめていただけなのに、
警察に通報されそうになったり・・・・・憎めない人です(笑)
ストーリー的は、ラストのスッキリ感も意外性もなかったけど、キャラクター
はよかったかな。


おすすめ度:★★★☆☆
トキメキ度:★☆☆☆☆

  1. 2013/07/24(水) 18:56:10|
  2. ├ 韓流映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ